ホーム > ビジネス > 理性的な間

理性的な間

とうとう売買する時という場合には一番に事前対策をしなくてはいけません。

 

取引を始める前であればその物を論理的に観察する事が出来ます。

 

だが、ただ一度相場の内部へ立ち入ってしまうとどう工夫しても見え方が独りよがりになりがちで肝心な時にしっかりとした見方がわからなくなる危険があります。

 

そのために己の考え方が理性的な間にきちっと準備を進めておくことが大事です。

 

この"j事前準備"のためには、とにかく筋書きを書くことから手をつけます。

 

将来のマーケットは上がる(または下がる)から米ドルをエントリーするというように、自分だけのストーリー展開を考えていきます。

 

次に重要なのはローソク足チャートをチェックする事です。

 

それまでの為替相場の上下を見定めて、現在の値動きを確認します。

 

そうすれば、「現在は割りに偏った水準になっているな」「すでにたくさんの投資家の方々が勝負している、この先慌ててしかけてもなすすべがない」ということが理解できます。

 

無論もはや売買するのがやりようがないと考えたらエントリーしないで、その状況では潔くあきらめることか大事です。

 

どうやっても自身のストーリー展開を貫いて、強引に取引するとマーケットに跳ね返されてしまい、損害を受けることになりかねない。

 

そうは言ってもかなりの場合では緻密な自らのストーリー展開を作っているとすれば、仕かけるのがなすすべがないという状況にはなることはありません。

 

おそらく、明確に市場が動き出す前のはずだからです。

 

続いては、とりあえずはあなたがとろうとする外貨ポジションの変動を正確に見る事が不可欠です。

 

仮に円安が進むと予想するストーリー展開を書いたのであれば該当する外貨の上げ下げに注意を払っておきます。

 

外国為替市場の上下動を確認し始めたときでは、まだ該当の外貨は大きく動く気配を見せないで、上下に多少の上げ下げを繰り返しているだけだろう。

 

ところが、その上下動を調べているとある位置で着実に、円安へとマーケットが推移し始めます。

 

このタイミングで初めて、ドルの新規取引します。

 

基本的に、そこまで周到に事前準備をやっておけばそのトレードで勝てる割合は相当高まります。

 


関連記事

理性的な間
とうとう売買する時という場合には一番に事前対策をしなくてはいけません。 &nbs...
破産手続き
民事再生による整理は住宅ローンなどを含む重債務に陥っている方々を対象に、住んでい...
テスト
テスト記事です。...